ジェルクレンジング

 


   ページ紹介


   ・トップページ

ジェルクレンジングは、肌に優しい

 
 
 

 
クレンジングは、色んな種類があります。 オイルクレンジングや、ジェルクレンジング、ミルククレンジング、クリームクレンジング等があります。 これらには、色んな特徴があります。 その違いが判らないまま使っていると、肌に負担を掛けている事があります。 その中で、皮膚科医が勧めるクレンジングと言われているのが、ジェルタイプのクレンジングです。 オイルクレンジングは、洗浄力が強いと言われています。 ちょっとでも肌が弱かったり荒れている時には、トラブルを発生させてしまう事があります。 ミルクタイプ等は肌に優しいですが、多少洗浄力が劣るとも言われています。 皮膚科医の方が勧めている高級化粧品というのもありますが、洗浄力と肌への負担を考え得ると、ジェルクレンジングは優秀だと言えるでしょう。



      

   

ジェルクレンジングの特徴

 
 
 


ジェルクレンジングは油分が少ないので、オイルクレンジングに比べると洗浄力が劣ります。 しかし、その分、肌への負担が少ないと言われています。 敏感肌の方や肌が弱い方でも、安心して使える利点があります。 ジェルタイプなので、乾燥肌の方へも向いているとも言えます。 洗い上がりは、さっぱりとした感じ。 オイルクレンジングのような脂っぽさは無いので、とてもすっきりします。 タイプといえば、オイルタイプとミルクタイプの間位の使い心地です。 クレンジングの中では、中間クラスの位置と言えるでしょう。 年齢肌には、特にオススメのタイプと言えます。

 
 

刺激が少ない

 
 
   
 
ジェルクレンジングは、素材がジェルのような手触りなので、弾力性があります。 クレンジング時の指の摩擦が肌に当たりづらいので、肌への摩擦力の負担を軽くする事が出来ます。 クレンジングは、その作用から、どうしても肌に負担を与えてしまう難点があります。 多少の肌負担は仕方のない事ですが、いかに肌に負担を掛けずにクレンジングをするかが、美肌を保つポイントとなります。 ジェルクレンジングは、肌に優しくクレンジングをする事が出来ると言えるでしょう。

 
   

ジェルクレンジングを人肌に温めてあげよう

 
 
   
 
ジェルクレンジングは、多少温めて使ってあげると素材が柔らかくなる性質があります。 その為、肌にすっと馴染み、指触りも非常に良くなります。 手の平にいったん乗せ、数秒置いてみましょう。 少しぬるめの、人肌の温かさになります。 人肌に温めてあげると柔らかくなるので、肌馴染みが非常に良くなります。 1工程増えるので、面倒くさいなんて思うかもしれません。 この工程1つをする事で、非常に肌に優しく馴染むので、特にオススメです。

 
   

選んでもらいたい、ジェルクレンジングのポイント

 
 
   
 
ジェルクレンジングは肌に優しい所が特徴なので、他の部分も肌に優しければ、なお良いといえます。 ジェルクレンジング選びに1番取り入れたいのが、肌の伸びが良い事です。 元々肌に負担の掛りにくいジェルタイプですが、伸びが良ければ更に肌負担が少なくなり ます。 少量でも、すっと肌上を滑る事が出来るような、柔らかいテクスチャーを選んであげましょう。 無添加のジェルクレンジングであれば、なお良いえしょう。 添加物は、洗浄力には関係ありません。 不要なのであれば、むしろ配合されていない物を選んであげましょう。 無香料、無着色、ノンアルコール、ノンパラベン等、全くクレンジングには必要のない成分です。

 
   

濡れた手でも使えるは、避けよう

 
 
   
 
メディアなどでたまに見かけるクレジングに、濡れた手でもOKといううたい文句のクレンジングを見かける事があります。 濡れた手で使えるって、とっても便利ですよね。 クレンジングをする時は、洗面所などで手が濡れてしまう事があるので、乾いた手じゃなくても良いのは、非常に重宝します。 しかし、濡れた手では本来ダメだと言われているクレンジングが、濡れた手でも良いというのは、どういう意味なのでしょうか。 よく言われている事は、それだけ強い成分が入っているのではないか、という事。 本来そうではダメなのに、それでもいいよというのには、それに打ち勝つ何かが入っているとも言えます。 せっかく肌に優しく響かせたいのに、何か強い成分が入っていたらガッカリですよね。 肌が弱い方等は、それらの物を選ばないようにした方が良いでしょう。 やはり、本来そうであるという事は、忠実に守る事が当たり前と言えます。 便利には裏側があると言えるので、注意するようにしましょう。